toggle
2017-04-14

日本語は難しいか否か

▲【KAI BEAUTY PRESS】カミソリ特集イラスト

毎日トーマスやドラえもんを観ながら
言葉を復唱して学ぶ、健気な甥っ子弟。

日に日に言葉も増えてきました。

しかしまだ一語全てを発することができないようで、
彼の発する言葉を周りが読み解く必要があります。

例えばこれ。

「もん」

そうです。これは簡単ですね。

ドラえもんのことを言っております。

次の問題。

「ぱん」

はい。アンパンマンのことですね。

パンってそのまんまですね。

さぁ次の問題。

「しょー」

・・・。ん?しょー・・・

私が悩んでいると、甥っ子が慌ててノートを取り出し
ペラペラとページをめくりはじめました。

そして「しょー!しょー!」と言っては、
ノートに貼ってあるジャイアンのシールを指さすのです。

私はしばらく考えて、そしてはっとしました。
そして甥っ子弟に問いました。

「もしかして、『おれはジャイアンガキ大将~』のしょー?」

甥っ子弟はにやっとして「そう!」と言いました。

甥っ子弟は「ドラえもん」なら「もん」、
「ごはん」なら「はん」、
「ふりかけ」なら「かけ」というように
言葉の最後2文字をピックアップすることが多く、
今回の事もそういうつもりで「しょー」と言っているのでしょうが、
甥っ子弟よ、ジャイアンは「ジャイアンガキ大将」っていう名前ではないのだよ。

さて最後の問題です。

「はいち」

比較的、焦る時にでる言葉です。

少しひねってます。

この答えはママである私の姉が探り当てました。
そもそも甥っ子弟はお返事を「はい!」と元気に言います。

なかなか言葉を発さず、皆心配していたその幼子が
言葉を発するということは実にこの上ない喜びであって、
「はい!!」とお返事しただけで周りの者はもう一斉に
眉を下げ、時には涙を流したりします。

その「はい!」の言い方もかわいくてかわいくてかわいい。

人形遊びに夢中でなかなかお風呂に入ろうとしない甥っ子弟に、
「もう!ずっとそこでひとりで遊んでいればよい!」と言うと
ビックリするほど元気に「はいっ!!」と言って遊び続ける。

あぁなんてかわいいのだろう。

話はそれましたが、やみくもに脱線して書いているわけではありません。

甥っ子弟は「うん」とお返事するより
「はい!!」とお返事することが多いのです。

そうです。もうお分かりですか?

甥っ子弟は「う〇ちがしたい」ということを「はいち」と言っております。

スッキリ!しましたか!

「うん」を「はい」に置き換えてるんですね。

彼に言ってやりたいです。

日本語はそこまで複雑じゃないよって。

姉と私の間で「はいち」とは【う〇ち】の丁寧語ということになっています。

関連記事
Comment





Comment