toggle
2018-08-07

パタパタ叔母

▲まっくろくまカレンダー

や~、岩盤浴並みの気温の今日この頃。
サウナに入りながら私は考えました。
この室温が気温になる日がきたらどうしよう。わぁわぁ。
こわいです。

ここ数週間、仕事と甥っ子たちとのたわむれの比率がおかしくなってしまい、
仕事できたの2週間のうちの何日間だったかしら…と思うほど。

なぜなら甥っ子達が溶連菌にかかってしまったから。
今日は甥っ子弟がダウン。次の日姪っ子がダウン。
また次の日甥っ子弟が再度ダウン、病院。みたいな日々。
(甥っ子兄だけ無事。よかった…)
姉は一カ月研修があり休めない。
姉の旦那さんも合宿やら部活やらで多忙。
姉の旦那さんのご実家とmiyu家とでなんとか、なんとか乗り越えることができましたっ!
普段元気な子が燃えるように熱い体でぐったりして、
つらそうな咳をして…咳で戻してしまったり、、代わってあげたかった。
そんな時にママがいなくて、甥っ子達も姉もつらかったと思います。

でも溶連菌だと後半で分かり、薬を増やしてからは熱もひいて!
今週からやっと日常が戻ってきました。
お仕事がんばるっ!

今回の件で子どもの表現は素直で新鮮だな~と思ったことがあって、
甥っ子弟が「くびがいたい」とずっと言っていたのは、
喉の痛みのことだったんです。
他にも、甥っ子兄が突然「なんだろ、ぼくのあたま大きくなってない?」と言って、
「すごくおもいよ!なにこれ!」とも言うので慌てて横に寝せました。
その後も照れ笑いをしながら「ねぇ、かおおおきくなってない?」と聞いてきて、
熱中症の前触れだったのかこわかったけど、その日の夜には治ったようで。
頭が重く感じる頭痛だったのかな。
素直な表現。

あとは、元気になった甥っ子弟に「幼稚園のクラスに可愛い子いるの?」と聞いたら、
「いるよ!〇〇ちゃん!」というので、へぇ~!どんな子だろう!とさらに聞くと、
「あのね、かおがおおきくて、なが~いの!おもしろいかおしてるんだよ」と答えました。

えっと!どういうことだろ!
本当にそういう子が好みならいいのだけれど、
なんだかニヤニヤしているし、もしふざけて言っているなら、
将来苦労することになるだろうなと思いました。

私も小学生の頃、髪が爆発していることから
男の子に「髪の毛パフィーみたい」と言われました。
(デビュー当時のパーマでふたつしばりの。)
あと別の男の子からは、
「顔だけ細川ふみえに似てる。胸は似てない」とも言われました。
(小学生なんだから当たり前でしょ!)

しかし、彼の呪いの魔法は、
いまだに私の胸から解けてはくれません。

関連記事
Comment





Comment